星占い、タロットなどの西洋の占い

2009.06.29 Mon

西洋占星術では、生まれた日と時間から当時の天体の位置を割り出し、その人の運命をはかります。最近では単純化された12星座の星占いがメジャーですが、本来の方法では惑星、黄道十二宮、十二室、角度の四つからその人の人生や性格などを見ていきます。こちらも、専門家に見てもらうか、詳細な運命を調べることの出来るソフトを使うかしないと、かなり大雑把な結果しか見ることが出来ません。

他にも西洋発祥の占いとしては、タロット占い、ルーン占い、水晶占い、トランプ占いなどがあります。

タロット占いは、大アルカナという22枚のカードを使う方法、そして小アルカナというる56枚のカードを合わせて占う方法があります。一般的に、市販されているカードはこの大アルカナの22枚だと思います。これらも、インターネットで簡単に占うことの出来るソフトがたくさん出回っていますが、占いの先生方によると「カード自身にパワーがあるので、出来れば実際に占ってください」との事。又、ルーン占いもタロットに近い方法で、16文字からなるカードから意味を読み解く方法となっています。これらはどれも、簡単に占うのであれば、カードを一つだけ選ぶ、という簡単な方法で占うことが出来ますので、初心者の方でも始めやすいかと思います。
  1. 2009/06/29(月) 21:33:45|
  2. タロット占い|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
<<恋の相性占い | ホーム | 身近な存在ほど大切>>

コメント

コメントの投稿

管理メにだけ表ヲを許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurobi.dtiblog.com/tb.php/4-4041eebc
最近のエントリー

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンク

最近のコメント

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約